あご にきび しこり

あご・エラのニキビのしこり感|赤くボコボコした状態は中から治す

あごやエラ、耳の下のニキビにしこり感があるのは危険

あごニキビにしこり感がある場合、重傷のニ
キビ跡に発展してるか、発展する直前の状態

 

放置しているとケロイド状態のニキビ跡にな
り、皮膚科でも治療困難な状態になります。

 

あご下のニキビがこのような状態になる事が
多々ありますが、この状態を治すには、
肌の内部、体の中から治すのが一番。

 

洗顔やスキンケアだけで治すよりも何倍も
早く治り、治った後も再発を防ぎます

 

⇒あごニキビを体内から治す漢方成分とは?

 

あごニキビのしこり感は本当に危険です

 

あご周辺のニキビが大きくなり、しこり感が
ある場合は、放置していても治る事はありま
せん。一時的に治まっても再度復活します。

 

この状態は既に角質層内の炎症が広がり、
角質層の奥の真皮層まで炎症が到達してます

 

角質層の奥や真皮層は自然治癒能力がありま
せんから、外部や体内からビタミンCを浸透
させる必要があります。

 

⇒角質層の奥までビタミンCを届ける漢方サプリ

 

ただ、一般的なスキンケアのビタミンC誘導
体でも、角質層の奥までは浸透しません。

 

角質層の奥までビタミンCを届けるには、
ニキビ痕専用の高級なスキンケアか、
漢方薬などの体内から修復出来る物が必要

 

とくにオススメは、漢方などの成分を体内に
吸収し、角質層の奥の修復だけでなく、
ホルモンバランスなども同時に抑える事。

 

それくらい漢方の成分は効きます

 

⇒角質層の奥を修復するには体内から治す事

 

ビタミンCを送り届ける漢方『クマザサ』

 

ニキビ跡も治す、ニキビ専用の漢方サプリに
は漢方薬で使われるクマザサが配合されてお
り、ビタミンCを肌奥まで届ける事が可能。

 

また、同時にビタミンBやアミノ酸を体内に
摂取できるので、ホルモンバランスを整えな
がら、ターンオーバーを正常化させます。

 

しこり感のあるニキビ跡を治すには、とにか
く角質層の奥の真皮層を修復させる事なので
クマザサを主成分とした漢方サプリが一番。

 

体の中からニキビの原因を断ち、
体全体のニキビを消す事ができます。

 

⇒96.2%の人が完治 ニキビ専用漢方サプリ